レビトラの主成分であるバルデナフィルは、バイアグラのシルデナフィルと同じ効果を持っています。

そもそも勃起は、性欲や性的刺激によって一酸化窒素がたくさん分泌されることで、環状グアノシン一リン酸が形になって、勃起につなぎります。

この環状グアノシン一リン酸は陰茎内部にある海綿体の平滑筋を弛緩させて、血の流れをよくして量を増やす働きがあります。
こういったことで、陰茎内部に上昇して勃起を起こしてくれます。

しかし、この状態がうまくいかないと症状が出てきます。これを勃起不全といいます。

この勃起不全の原因として挙げられているのが、「ストレス(心因性)・加齢・タバコ・酒」など。
特に加齢による勃起不全が一番多いといわれています。

バルデナフィルの効果

レビトラの主成分はバルデナフィル。

体内で5型ホスホジエステラーゼの作用が起こることで、勃起不全になります。

海綿体を弛緩させ、陰茎に血液を送り込むことで勃起の作用を生みだす環状グアノシン一リン酸。こういったことを分解する働きがある5型ホスホジエステラーゼ。

バルデナフィルは、5型ホスホジエステラーゼの働きを食い止めることで、環状グアノシン一リン酸の作用を持続させ、勃起に多くの血液が流れ込むようにしてくれます。