レビトラとバイアグラの違い

レビトラとバイアグラの違いについてですが、

「成分」
レビトラ

成分:バルデナフィル

バイアグラ

成分:シルデナフィル

「長所」
レビトラ

服用後:15分~20分からの効果
持続性:5~10時間

バイアグラ

服用後:50分~1時間からの効果
持続性:3~4時間

「価格」
レビトラ

価格:
10mg(30錠) 52,800円
20mg(30錠) 55,800円

バイアグラ

価格:
50mg(30錠) 52,800円

レビトラとバイアグラの違いとしては、このような感じですね。

それから、もう一つ食事による影響も大きいとのこと。
バイアグラの場合は、空腹の時に服用すると効果が高いといわれています。その分食事直後は効果が出てくるまで、時間がかかります。時には効果が出ない時もあります。

それに引き換え、レビトラは食後の効果の低下がなく、空腹時と食事摂取後における有効成分の最大血中濃度に違いがなかったそうです。

副作用に関して

バイアグラと同じ作用を持つレビトラは、副作用も同じだといわれています。
副作用の症状として

  • 頭痛
  • 顔や全身のほてり
  • 鼻づまり
  • 消化不良

わたしも、バイアグラを服用していて、副作用になったことがあります。
その理由としては、1日に2錠服用したからだと思います。

バイアグラを1錠飲んで、効果が薄かったり、持続時間が短い時など2錠ほど服用していました。
そういった原因から、副作用の症状が出ていましたね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

 TOP