レビトラを注文・購入するには?

レビトラについて色々と調べていて、
いざ購入の段階にくると「個人輸入」にぶつかります。

日本でも多くの病院で処方しているレビトラ。
病院で処方されるレビトラは価格が高いということがネックになります。
しかも、受診代や移動代などもかかってしまいます。

しかし、個人輸入することでカバーしてくれます。

でも、個人輸入と聞くとなんだかとても難しいような感じが・・・。
そもそも個人輸入の「個人輸入代行業者」というものは存在していません。
業者を介してレビトラを注文・購入する、つまり通販サイトを利用して購入するということになります。

個人輸入での注意点とは?

通販サイト(個人輸入)で購入する時の注意点として、海外の医薬品は、「薬事法」という法律が関わってきます。このようなことは、必要不可欠なことですね。

薬事法の中では、医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を個人で使用する場合は原則として、
レビトラは1ヵ月分以上の用量分(30錠以上)は購入することができません。
それから、個人輸入で購入した商品は販売してはいけません。

このような、薬事法に関することを理解したうえで、注文・購入をすることにしましょう。

それから、通販サイトを利用する時は、出来るだけ信用性の高い所で購入をするようにしましょう。
どうしても、海外製の商品などは「偽物・パチ物」が販売されている所があります。
それを防ぐためにも、信用性の高い所で購入をするようにしましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

 TOP