勃起不全治療薬であるバイアグラやバリフなど、期待や満足している人もいますが、使ったことのない人にしてみたら「不安」でいっぱいです。私も、使う前は「副作用」という不安がありました。

やはり、大切になるのが「飲むべきでない人」が飲めば命に係わる場合もあるといわれているため、服用前はしっかりと調べてから服用するようにしましょう。

狭心症治療薬との併用

勃起不全として、「いやらしいこと・刺激的なこと」を考えても、陰茎内部の血管が「緩まない・拡張しない」ことが原因です。
そこで、バイアグラの主成分シルデナフィルやレビトラのバルデナフィルの効果として血管を拡張させ血流を良くすることで勃起をエスコートしてくれるわけです。

つまりは、「血管を拡張させる薬」。そのために、血管拡張作用のある狭心症などの心臓病の治療に使われているニトログリセリンを利用している人が、バイアグラやレビトラを使うと相乗効果により血管がさらに拡張しすぎてしまいます。

これは、とても危険で併用して服用することで急激に血圧が低下してしまいあわゆくば死につながる可能性も出てきます。
そのために、バイアグラやレビトラなどの勃起不全治療薬と硝酸剤の併用は禁止となっています。硝酸剤にも「注射や貼り薬、吸入剤」などありますが、すべて併用するのは危険とのこと。

狭心症治療薬(硝酸薬)
ニトロペン、アイトロール、ニトロールR、フランドル、ミリステープ、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー

利用する前には、しっかりと調べてから使うようにしましょう。