光明 出羽燦々
Komyo dewasansan

¥110,000(送料別)

一切の雑味が除かれた、まるで宝石のような日本酒。

一般的な日本酒の精米歩合は70%程で、精米時間は3時間程ですが、「光明」は約1800時間もの時間をかけ、精米歩合1%まで磨き上げたお酒です。

「光明」の名は、「前例のない挑戦によって新境地への扉が開き、これから先の 『日本酒の世界』 に明るい希望の光がさすように」という願いを込めて命名されました。

これまでの日本酒とは全く違った世界からもたらされる、極めて繊細で透明感ある味わいを、心ゆくまでご堪能ください

 

CHARACTERISTICS

原料⽶

出羽燦々100%

精⽶歩合

1%

アルコール分

15%

日本酒度

-2

酸度

1.4

内容量

720ml

KURAMOTO

楯の川酒造

「美味しい酒への飽くなき探求。そして世界を代表するブランドへ」

 楯の川酒造は天保3年(1832年)、山形県酒田市で創業されました。楯の川酒造は徹底して品質を追求し、日本の「酒」「食」「農」文化の発展に寄与してきました。

楯の川酒造は、持続的な成長を遂げていくために、100年後にどうありたいかを示した実現したい未来を「TATENOKAWA 100年ビジョン」として掲げています。ひたむきに酒造りに向き合いつつも、自社精米による高精白日本酒の可能性の探求、業界のイメージを変える蔵人の働き方改革、田園風景の保存を目指す稲作指標の導入など、日本酒の新時代を切り拓くべく日々試行錯誤を繰り返しています。

蔵元ページへ

CUISINE

「 和牛の雲丹巻き 」

TASTING COMMENT

小池 潤 氏

日本酒専門WEBメディア 「SAKETIMES」編集長

フルーティーで芳醇な香り。繊細な味わいの中にもしっかりとした米の甘みが感じられる。
日本酒のひとつの到達点と言ってもいい。

長屋 英章 氏

2018香港 日本人ベスト5シェフ

一口含んだ瞬間、精米歩合1%の革新的な挑戦に感動。
光沢と透明感ある味わいは合わせる料理を選ばず、 幅広い料理と合う。
甘味と酸味のバランスも非常に良く、日本酒の認識が変わるお酒。

You may also like

Recently viewed