南部美人スーパーフローズン
Nanbubijin super frozen

¥5,500(送料別)

しぼりたての日本酒を–30℃まで瞬間冷凍

 「世界で一番うまい日本酒とは、酒蔵で飲むしぼりたてのお酒である」

造り手として、このしぼりたてのお酒をより多くの方へ味わってもらいたい。蔵元(南部美人)のそんな想いから、しぼりたての日本酒を-30℃まで"瞬間冷凍”し、しぼりたての味わいを閉じこめることで誕生したお酒が「南部美人 スーパーフローズン」です。

この瞬間冷凍の技術(スーパーフローズン)を日本酒に取り入れたのは、数ある世界中の酒蔵の中でも醸造元の「南部美人」が初めてです。”世界中の人々に、しぼりたての日本酒の味わいを体験していただきたい”という蔵元の強い想いから、この「南部美人 スーパーフローズン」は誕生しました。

そんなしぼりたての日本酒がもつ、”爽やかで濃厚なフレッシュな味わい”を、是非お楽しみください。


※送料/配送に関して

CHARACTERISTICS

原料⽶

山田錦100%

精⽶歩合

35%

アルコール分

16~17%

日本酒度

+1

酸度

1.4

内容量

720ml

KURAMOTO

南部美人

「綺麗で美しい酒をつくりたい」

 南部美人は明治35年(1902年)、岩手県二戸市で創業されました。昭和26年、全国的に精米歩合も低く雑味の多い甘い酒が主流の中で、綺麗で美しい酒を造りたいという思いと、二戸市は昔から南部の国と称されており、素晴らしい自然に恵まれた土地を表現する酒として「南部美人」が誕生しました。全国新酒鑑評会では、6年連続金賞受賞をはじめ、全米日本酒鑑評会やモンドセレクションで金賞など日本国内外で高い評価を得ています。

また、南部美人は「現代の名工」の一人で、勲六等瑞宝章を受賞した山口一氏が長年杜氏を勤めていました。現在は青年卓越技能者表彰を受けた、若手杜氏の松森淳次氏がその技と心を受け継ぎ、五代目蔵元、久慈浩介専務と共に究極の酒造りを目指しています。

蔵元ページへ

CUISINE

マスのルイベ

TASTING COMMENT

小池 潤 氏

日本酒専門WEBメディア 「SAKETIMES」編集長

口に含んだ瞬間の濃厚な甘みが印象的。
貴醸酒や貴腐ワインを思わせるような甘みと酸味の絶妙のバランス。

酒井 英彰 氏

看板のない予約困難店「酒井商会」店主・酒井英彰

生原酒特有のフレッシュさと華やかさがありつつも、
アルコール度数は控えめで、色んな方が飲みやすい。

You may also like

Recently viewed